エコロジーグッズを使いましょう!

第三のエコカーは日本の技術である。

補助金や減税など政府の景気刺激策を受けて、「エコカー市場」がにぎわっている。なかでも、ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)に続いて、ガソリン車でありながら燃費性能を向上させた“第3のエコカー”が注目を浴び、市場の台風の目となっている。二酸化炭素(CO2)などの排出量が少なく、高い燃費性能を持つ車を対象に平成21年度から始まったエコカー減税。これを機に、エコカーという名称はこの数年すっかり定着した。
HVやEVなどがその代表格とされてきた。しかし昨年は、燃料1リットルあたり30キロとHV並みの燃費性能を実現したガソリンエンジン搭載の軽自動車が発売されたほか、今年は家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)や低公害ディーゼルエンジン搭載のクリーンディーゼル車が相次いで発売され、選択肢が広がっている。
第三のエコカーの燃費はすばらしい。
これこそ、日本の技術力であると思われる。

灰の塔

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。