現在は、エコロジーが大切です。

世の中は、地球温暖化で右往左往をしている。そのために、エコグッズを使って、地球に優しい生活をおくりましょう。

スポンサードリンク

第三のエコカーは日本の技術である。

補助金や減税など政府の景気刺激策を受けて、「エコカー市場」がにぎわっている。なかでも、ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)に続いて、ガソリン車でありながら燃費性能を向上させた“第3のエコカー”が注目を浴び、市場の台風の目となっている。二酸化炭素(CO2)などの排出量が少なく、高い燃費性能を持つ車を対象に平成21年度から始まったエコカー減税。これを機に、エコカーという名称はこの数年すっかり定着した。
HVやEVなどがその代表格とされてきた。しかし昨年は、燃料1リットルあたり30キロとHV並みの燃費性能を実現したガソリンエンジン搭載の軽自動車が発売されたほか、今年は家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)や低公害ディーゼルエンジン搭載のクリーンディーゼル車が相次いで発売され、選択肢が広がっている。
第三のエコカーの燃費はすばらしい。
これこそ、日本の技術力であると思われる。

灰の塔

エコロジー商品とは

デパートやスーパー等で良く目にするエコロジー商品ですが、どんなものがエコロジー商品と呼ばれるのでしょうか。「再生紙を利用した商品」や「再生プラスチックや再生ペットボトルを利用した商品」その他、「簡易包装された商品」「分別廃棄ができる商品」「非塩化ビニール商品」などがあります。
エコロジー商品には、エコマークやグリーンマーク、Rマークやグリーン購入法の環境表示のマークが付けられています。エコマークは「財団法人日本環境協会」が設けた基準をクリアして、認定されたもののみに付けられています。環境保全商品の普及と商品を消費や廃棄したときの環境汚染を低減する目的のマークです。

グリーンマークは、「財団法人古紙再生センターグリーンマーク実行委員会」によって認定されたものに付けられていて、古紙の再生利用や社会環境緑化の推進、そして自然環境の保護や森林資源の保護への意識向上が目的のマークとなっています。

Rマーク(再生紙配合率マーク)は、「ゴミ減量化推進国民会議」によるマークで、マークに付いている数字が再生紙の配合率を表しています。グリーン購入法は、グリーン購入法の調達基準をクリアした商品を示すマークのことで、各メーカごとにオリジナルマークがあります。

エコロジー文具とは

ボールペンや鉛筆やスティックのり等の文房具に「エコマーク」や「グリーン購入法適合商品」の表示が付いたものが最近特に増えてきています。文房具といえば誰もが使う消耗品です。いつも使う身近な消耗品だからこそ、エコロジーグッズの購入を考えているならまずは、いつも使っている文房具から変えてみましょう。

文具メーカーでは今まで、再生材を利用した地球に優しい文具の商品化が積極的に進められて来ています。一度使い終わった資源をリサイクルしてもう一度使える商品にする。リサイクルの代表的な素材は、紙やプラスティック(樹脂)、木や金属で、こうした再生材を利用した製品は色々あります。

エコ文具で代表的なのは、古紙を利用したノートだと思います。最近では古紙を100パーセント利用したボールペンやシャープペンシルも出ています。プラスチックのボールペンなどよりも手になじみやすくて、本体部分には社名なども印刷することができるので、販促品等として利用してはそうでしょう。

プラスティックの再生材とホタテの貝殻殻で着ている「エコ消しゴム」や端材を活かして鉛筆にした「リサイクル鉛筆」、リサイクル黒鉛を使用したシャープペンシルの替芯「芯までリサイクル」、牛乳パックや飲料パックの再生紙を表紙に100パーセント使用した「フラットファイル」など、エコ文具には色々な種類があります。

小さなことからエコロジー

「地球や環境に優しいエコな生活に切り替えよう」と思っても、一変に生活の全てをエコロジーグッズにするということは、費用の面等からしても、現実的には不可能だと思います。それよりも先ずは小さくても身近なところから、自分が無理なくできるエコから始めていくのが良いと思います。

エコマークやグリーンマークがついたグッズを選んで買ったり、今までよりも1日に30分だけ電気をつけている時間を短くする、洗い物などをするときに水を出しっ放しにしない等、ちょっとした小さなエコへの努力が積み重なることによって、大きなエコに繋がっていくのだと思います。

一口に「エコロジーグッズ」といっても、最近では小さいものでは文具や雑貨、大きいものでは家を建てるときの建材まで、たくさんの種類があります。生ゴミを肥料に変える生ゴミ処理機などもエコロジーグッズの一つです。オーガニック野菜なども化学肥料を使っていないのでエコロジーグッズといえるしょう。

地球温暖化の影響で、これから20年の間にホッキョクグマやアザラシ、ウミガメなどが絶滅してしまうのを防ぐためにも、普段の生活での無駄なエネルギーを少しずつ削減していったり、エコロジーグッズなどを生活に積極的に取り入れて、地球や環境に優しい生活を心掛けていきたいと思います。



エコグッズを使いましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。